株式会社 鴫原基礎

ダウンザホールハンマー工法なら
株式会社鴫原基礎(しぎはらきそ)

NETIS登録番号
TH-190001-A

受付時間 平日8:00~17:00 022-343-6111

お問い合わせ カタログ

基礎工事コラム

リーダーレス工法について

お役立ち基礎コラム

リーダーレス工法とは

 

そもそもリーダーレスとは何か?

「リーダー」が「無い」ということですが、

リーダーとはガイドのようなものです。(写真参照)

 

 

このリーダーに沿って減速機(オーガ)が上下します。

このガイドのようなリーダーが垂直であれば、

スクリューも垂直に掘削できるという理屈です。

 

左が三点式杭打機、右はラフテレーンクレーンです。

テレスコクレーンタイプやバックホーベースのものも、

リーダー式にはあります。

 

対して「リーダーレス」とは

文字通り「リーダーが無い」ということです。

 

それなりの重量があるリーダーが無い分、

作業半径が大きくとれるメリットがある反面、

ガイドが無い状態で垂直に掘削したり

打込んだりすることに技術が求められます。

 

 

リーダーレス杭打機とは

 

【汎用バックホーや解体機との違い】

 

リーダーレス型基礎機械=『RX』

汎用バックホーとは違い、基礎機械の

専用機としてアーム・ブームを設計しており、

解体用機械のツーピースブーム機とは

フロント(アーム・ブーム)が違います。

 

解体機は主にアタッチメントを付けて

上側の作業を得意としますが、

RXはオーガ・バイブロを吊って下側の作業が

楽に出来る様に設計されています。

 

独特な形状のアーム・ブームも、

オーガ・バイブロを吊った時に使いやすいように

改良を重ねながらモデルチェンジしてきました。

オーガ・バイブロを用いた基礎工事に特化した

特徴のある機械です。

 

 

 

 

 

リーダーレス工法のメリットとデメリット

 

リーダーレス工法のメリット】としては

リーダー式のデメリットを解消している所です。

 

《リーダー式のデメリット》

▲リーダーを組み立てる時には必ず高所作業になること。

▲リーダーが重い分、作業半径が小さくなること。

 

上記を解消した、

高所作業が無いこと。

作業半径が大きくとれること。

という所がリーダーレスのメリットです。

 

 

【リーダーレス工法のデメリット】

 リーダー式のデメリットを解消している

リーダーレス工法ですが、デメリットはあります。

 

▲リーダーが無いため垂直鉛直の確保が難しい。

▲機械のアームの高さまでしか施工出来ない。

 

垂直鉛直に関しては2方向から

下げ振り等で目視のほか、

コンピュータが自動で制御してくれます。

 

アームの長さには限界があるので

最大12mまでの削孔や杭材しか施工できません。

スクリューや杭を継ぎ足して

それ以上の長さの施工も可能ではありますが、

機械の能力が追いつかないことがあります。

 

 

 

 

リーダーレス工法 施工要領

 

弊社のRXリーダーレス工法で出来る

工事の種類を紹介します。

 

 

 

リーダーレス工法で出来る工事種類

 施工できるサイズには上限があります

 

H形鋼・シートパイル(鋼矢板)打抜(12mまで)

 〇オーガ併用

 〇ウォータージェット併用

 〇ダウンザホールハンマー併用

 〇セメントミルク根固め(H形鋼)

 

 

鋼管杭 打抜き(10mまで)

 〇オーガ併用

 〇ダウンザホールハンマー併用

 

 

仮桟橋設置撤去(6mスパンまで)

 〇オーガ併用

 〇ウォータージェット併用

 〇ダウンザホールハンマー併用

 

 

プレボーリング(12m・800Φまで)

 〇オーガ削孔(通常ヘッド・マグナムヘッド)

 〇ダウンザホールハンマー削孔(280Φ~800Φ)

 〇ケーシング挿入中堀(崩壊止め)

 

 

既存杭抜き

 〇ケーシングによる縁切抜き(10mまで)

 

 

結構、様々な工事が出来ると思いませんか?

移動式クレーン仕様』なので、これらの

工事をこの機械1台で全てこなしてしまうのです!

 

 

 

 

RXリーダーレス杭打機|NETIS登録

 

多関節アームを採用し、エーパイラーLHVには無い、

【移動式クレーン仕様】ウィンチを搭載しています。

 

機材・鋼材の積み込み積み降ろし、

材料である鋼矢板・H形鋼の移動など、

クレーン作業までこの1台で可能な杭打ち基礎機械です。

 

さらに、「フロント軌跡制御システム」や

作業状態表示モニタ」、のほか

フロントの高さ制限」「斜杭打設」「定速制御」など

多様な機能を搭載しています。

 

 

 

リーダーレス工法 積算・歩掛

 

私たち鴫原基礎を含む4社で立ち上げた協会、

S・RXリーダーレス工法研究会」では、

「国土交通省土木工事積算基準」に準じ、

独自の歩掛を元に積算システムを構築しました。

 

移動式クレーン機能も備えたこの機械は、

国土交通省新技術情報提供システムNETIS(ネティス)にも

登録を果たし、既に設計図書にも登場して、

多くの実績を積んでおります。

 

 

 

■お問合せは専用フォームからどうぞ■

【お願い】積算ご希望の方は、鋼材のサイズ(300H 8m、Ⅲ型 8m等)と

柱状図(ボーリングデータ)をご用意下さいますようお願い申し上げます。