株式会社 鴫原基礎

ダウンザホールハンマー工法なら
株式会社鴫原基礎(しぎはらきそ)

NETIS登録番号
TH-190001-A

受付時間 平日8:00~17:00 022-343-6111

お問い合わせ カタログ

基礎工事コラム

仮桟橋工事2つの施工方法:リーダーレス杭打機(RX3300)は仮桟橋工事も出来るんです!

お役立ち基礎コラム

本来はクローラクレーンバイブロハンマー

行う仮桟橋工事ですが、

弊社ではリーダーレス杭打機(RX3300)でも施工が可能です。

 

スパン架設は大型クレーンでないと難しいですが、

6mスパンの通常仮桟橋なら大丈夫です!

↓↓↓ この通り ↓↓↓

 

というのも、

鴫原基礎のリーダーレス杭打機(SRX3300)は

「移動式クレーン仕様2.9t吊り」という

付加価値が付いているマシンだからです。

杭打機でありながら、クレーンでもある。ということですね。

 

●装着している油圧バイブロで

 T字杭(トンボ)を打込み【杭打作業】、

●定規導材を設置【クレーン作業】、

●支持杭(H形鋼)を建て込みます【クレーン作業】。

●油圧バイブロの振動にて土中に

 所定の高さもしくは支持層まで

 打込みます【杭打作業】。

●受桁、ブレス、主桁、覆工板、

 ズレ止めを設置し

 1スパン完了です【クレーン作業】。

 

普通の杭打機ならば上記【クレーン作業】部分は

相番ラフタークレーン等が必要なところ、

これらの作業を

【リーダーレス杭打機1台】で出来るということです。

 

 

本来のクローラクレーンであれば、

クレーン本体搬入(低床トレーラー数台)、

クレーン部材搬入(高床トレーラー数台or大型トラック数台)で

持ち込み、ラフタークレーンによる相番を経て組立てます。

 

更に大型発電機と電動バイブロも持ち込んで作業開始です。

搬入車両の数が相当数必要になりますし、

組立も大変です。もちろん費用もかさみますね。

 

ですから、

コンパクトで小規模な仮桟橋であればあるほど、

弊社のリーダーレス杭打機が威力を発揮します。

運搬車両も格段に少ないうえ、組立も簡単です。

費用も圧縮節約できますし、工期も短縮できるでしょう。

 

それもこれも弊社のリーダーレス杭打機(RX3300)が

「移動式クレーン仕様2.9t吊り」だからです。

 

その代わり、維持費はかかります。

杭打機として年1回の特定自主検査費用

クレーンとして2年に1回の性能検査費用

杭打機・クレーン機としての両方の消耗品費、

メンテナンス費用など、

けっこうかかっているんです。

 

それでもお客様のニーズに応えるため、

「クレーン仕様」のリーダーレス杭打機は必要であり、

鴫原基礎のメインマシンなのです。

 

 

 

【 追 記 】

仮桟橋工事:3つの補助工法

地盤が硬い場合の補助工法です。

 

■クローラクレーン・電動バイブロ

【補助工法】
●ウォータージェット工法
●電動アースオーガ工法
●吊下げダウンザホールハンマー工法

 

■RXリーダーレス工法・油圧バイブロ

【補助工法】
●ウォータージェット工法
●油圧アースオーガ工法
●ダウンザホールハンマー工法

 

 

↓あわせてお読みください♪

鴫原基礎メインマシンRXリーダーレス杭打機を

使用した様々な工法を紹介する『基礎工事コラム』