株式会社 鴫原基礎

ダウンザホールハンマー工法なら
株式会社鴫原基礎(しぎはらきそ)

受付時間 平日8:00~17:00 022-343-6111

お問い合わせ カタログ

基礎工事コラム

【サイレントパイラー】鴫原基礎での活躍の場

お役立ち基礎コラム

 

弊社はサイレントパイラー(GIKEN製 SA100)も所有しています。これは主に鋼矢板(シートパイル)の引抜工事に使用します。

というのも、弊社メインマシンであるリーダーレス杭打機RXで打込んだ鋼矢板ですが、構造物が完成したのち、RXでは引き抜けない場合に投入されるんです。

その姿かたちを見てもらえばお分かりの通り、RXは「近くに寄れないと」仕事が出来ないのです。

私たちの仕事は「土留め工事」がメインなので、現場が始まってすぐと、終了間際に入場することが多いです。

打込みの場合は周りに何もない最初のころなのでグルっと移動しながら打込めるのですが、現場の終わりころとなるとそうはいきません。

いろんな構造物が完成していたり、業者の数が増え作業エリアが取れなかったり。

そんな時はサイレントパイラーの出番です。自走できる油圧ユニットと本体をつなぐ油圧ホースの長さは約20m。ユニットもキャタピラ装備で歩けるので、合番ラフターさえ届けば、どこまででも行けます(笑)。

 

【サイレントパイラー】その名の通り無振動・無騒音

 

弊社では鋼矢板引抜き工事に使われることが多いサイレントパイラーですが、民家・家屋の近くや、地下水位の高い現場では打込みも請け負います

鋼矢板(シートパイル)は、H鋼横矢板土留めと違って止水効果があります。また、振動騒音を嫌う民家や学校が近い場合にはサイレントパイラーによる

圧入がベストです。先日も地下水位が高くて幼稚園の傍という現場で、サイレントパイラー圧入をしてきました。

鴫原基礎は土留め工事のスペシャリストとして、様々な条件下でのH形鋼や鋼矢板を打設引抜できる体制をとっています。