株式会社 鴫原基礎

ダウンザホールハンマー工法なら
株式会社鴫原基礎(しぎはらきそ)

NETIS登録番号
TH-190001-A

受付時間 平日8:00~17:00 022-343-6111

お問い合わせ カタログ

基礎工事コラム

土留工事:建築現場でのH形鋼打設親杭横矢板セメントミルク根固め

お役立ち基礎コラム

仙台の街中では
賃貸マンションやオフィスビルなどの
新築工事が盛況ですが、

建築工事にも土留工事が必要です。

地下水位が高い場所では
鋼矢板(シートパイル)が適しています。
止水効果もあるからです。

反対に、地下水位が低い場所なら
H形鋼親杭+横矢板がいいでしょう。


H形鋼を単独で打込んでいき
そのH形鋼同士の間に木製の矢板を
設置していく土留工法です。


東北地方の都市部での土留工事には
H形鋼横矢板が採用されることが多いです。

地下水位が低いうえに
地盤が比較的硬いので
オーガで先行掘りしてからの
H形鋼打込みです。

その際、強度を保つために
セメントミルクで根固めをします。


鴫原基礎のSRXリーダーレス基礎機械は
所定の深度まで掘削したあと、
オーガヘッドの先端からセメントミルクを
吐出しながら引き上げることが出来ます。


掘り終わって円柱の空洞ができ、
一番下から数メートル上まで
セメントミルクが入っているという
状態になるということですね。

そのあとH形鋼を建て込んでいきます。


弊社では、ベテランオペと新人オペの
出来形(精度)を統一化するために
定規を設置することを基本としています。

定規をしなくても
出来ないことはないのですが、

手間のかかる定規を設置することによって
法線から外れることなく
キレイに仕上がるのです。


結果的に
あとからの横矢板入れも手間いらず
躯体部に干渉することもありません。


「急がば回れ」ですね。